top of page

プロが教える!音楽ジャンル別最適なBPMの選び方とは?ラップ、EDM、ローファイ完全ガイド




こんにちは、可児波起です。海辺ビートとしてビート・トラック・BGMを制作し、STAND WAVEのメンバーとしてラップを担当している、音楽制作のプロフェッショナルです。


音楽制作は、ただの趣味を超えて、僕の人生そのもの。特に、音楽ジャンルに応じた最適なBPM(Beats Per Minute、1分間に打たれるビートの数)の選び方は、楽曲の感触や印象を大きく左右する重要な要素です。


今回は、ラップ、EDM、ローファイなど、さまざまな音楽ジャンルにおける最適なBPMの選び方について、僕の経験と専門知識をもとにお話ししたいと思います。プロの音楽家としての視点から、それぞれのジャンルに最適なBPMをどのように選定し、どのような効果が期待できるのか、具体的な例を交えながら解説していきます。音楽制作において、より良質なコンテンツを生み出すためのヒントをお届けできれば幸いです。


-------------------------------


このブログを書いているのは、<【トラック・ビート販売】海辺ビート:ミュージックストア> を運営しているネイチャーヒップホップグループの「STAND WAVE」の可児波起です。


「海辺ビート」はプロの音楽家[可児波起]が高音質、低価格(¥1980)で著作権フリー・商用利用可能なトラック販売・ビート販売を行っています。


-------------------------------


第一部:音楽ジャンル別最適なBPMの基礎知識


音楽を制作する上で、ジャンルに応じたBPMの選定は楽曲の印象を大きく左右します。BPMは、楽曲のテンポを数値で表したもので、この数値が高いほど速いテンポ、低いほど遅いテンポを意味します。では、具体的にどのようにBPMを選び、どのように楽曲に活かしていくのか。僕の経験を踏まえて、いくつかの音楽ジャンルに分けて解説していきたいと思います。


ラップ:BPMの選び方とその効果


ラップ音楽においては、BPMは主に75から100の範囲で選ばれることが多いです。このBPM範囲では、リリックをしっかりと聴かせるスペースがありつつ、リズムに乗りやすいため、リスナーが楽曲に引き込まれやすくなります。たとえば、僕がSTAND WAVEで制作する際には、90BPM前後でビートを作ることが多いです。これはリリックの表現力を最大限に引き出し、聴き手にとっても心地よいグルーヴを生み出すのに最適だと感じているからです。


EDM:BPMの選び方とその効果


EDM(Electronic Dance Music)では、BPMは120から150の範囲が一般的です。この速めのテンポは、ダンスフロアを活気づけるのに最適で、リスナーを自然と踊らせるエネルギーを持っています。個人的には、EDMトラックを制作する際には128BPMをよく使用します。このBPMは、国内外のクラブシーンで幅広く受け入れられており、パワフルでダイナミックなサウンドを作り出すのに適していると考えています。


ローファイ:BPMの選び方とその効果


ローファイ(Lo-Fi)ミュージックでは、BPMは通常60から90の間で選ばれます。このゆったりとしたテンポは、リラックスした雰囲気を作り出し、聴く人を穏やかな気持ちにさせる効果があります。僕が「海辺ビート」名義でローファイトラックを制作する際には、しばしば70から80BPMの間でビートを作ります。この範囲のBPMを選ぶことで、心地よいリズムと柔らかなメロディが一体となり、リスナーに安らぎを提供できると感じています。


楽ジャンルによって最適なBPMが異なるのは、それぞれのジャンルが持つ独自の表現力やリスナーに伝えたい感情、体験に根差しています。


プロの音楽制作者として、僕は常にそのジャンルが持つ本質を理解し、最適なBPM選定を心がけています。次の部では、これらの基本知識を踏まえ、実際の音楽制作現場でのBPM選定のコツやテクニックについて詳しくお話しします。



第二部:音楽制作現場でのBPM選定のコツとテクニック


音楽制作において、BPMを決定するプロセスは単なる数値の選択以上の意味を持ちます。この部分では、実際に楽曲を制作する際のBPM選定におけるコツやテクニックについて、僕の経験を基にお話ししたいと思います。


1. ジャンルとメッセージを照らし合わせる


楽曲のジャンルだけでなく、伝えたいメッセージや感情もBPM選定において重要な要素です。たとえば、ラップであっても、力強いメッセージを伝えたい場合はやや高めのBPMを選ぶことで、その熱量を表現できます。一方で、内省的で感情的な内容の場合は、低めのBPMを選んで、リスナーにじっくりと歌詞を噛みしめてもらうこともできます。僕がSTAND WAVEで楽曲を作る際には、このバランスをとることを非常に重視しています。


2. 実験と試行錯誤を恐れない


音楽制作はクリエイティブなプロセスであり、BPM選定においても実験的なアプローチが必要です。特定のBPMがそのジャンルにおける標準であっても、意図的にそれを逸脱することで、予期せぬ魅力的な結果を生み出すことがあります。例えば、通常のEDMよりも遅いBPMでトラックを制作することで、より深みのある感動的な楽曲を生み出すことができるかもしれません。僕自身、海辺ビートとしてBGMを作る際には、従来のローファイの範囲を超えたBPMで実験を重ね、独自のサウンドを追求しています。


3. 反応を観察して微調整する


楽曲制作のプロセスにおいて、BPMは最初に固定するものではありません。デモトラックを作成し、実際にリスナーや他のミュージシャンの反応を観察しながら、最適なBPMを見つけていくことが重要です。僕はSTAND WAVEのメンバーや他のアーティストとコラボレーションする際に、このフィードバックを非常に大切にしています。楽曲がどのように受け入れられるかを理解することで、より効果的なBPM調整が可能になります。


4. 機材とソフトウェアを活用する


最後に、音楽制作の機材やソフトウェアはBPM選定においても強力な味方となります。例えば、Studio OneやCubaseなどのDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)を使用することで、BPMの微調整や複数のテンポでの試聴が簡単にできます。これらのツールを活用することで、制作プロセスが大きく効率化され、さらにクリエイティブなアイデアを実現することが可能です。


音楽制作は無限の可能性を秘めたアートです。BPM選定はその一部に過ぎませんが、楽曲の質とリスナーに与える影響を大きく変える力を持っています。次の部では、より具体的な音楽制作のテクニックと、BPM選定が楽曲に与える影響について、僕の実体験を交えて紹介していきます。



第三部:音楽制作におけるBPM選定の実践的応用と影響


音楽制作の過程で、BPMを選定し、それを楽曲に適用することは、表現したい感情やメッセージをリスナーに伝えるための非常に重要なステップです。この部では、BPM選定が楽曲に与える具体的な影響と、それを最大限活かすための実践的な応用方法について、僕の実体験をもとに紹介します。


BPMと楽曲の感情表現


BPMの選定は、楽曲が持つ感情の質感を形成する上で中心的な役割を果たします。例えば、速いBPMはエネルギッシュで前向きな感情を表現するのに適している一方で、遅いBPMはメランコリックで内省的なムードを作り出します。僕が「海辺ビート」としてローファイトラックを制作する際、意図的にBPMを下げることで、リスナーに落ち着きと安らぎを提供することが目標です。このように、BPMを通じて楽曲に深みを加え、よりリッチな感情表現を可能にします。


ジャンルを超えたBPMの応用


BPMは特定のジャンルに固定されるものではありません。実際には、異なるジャンル間でBPMをクロスオーバーさせることで、新しいサウンドを創出することが可能です。STAND WAVEで楽曲を制作する際、僕たちはしばしば伝統的なラップのBPMにEDMやローファイの要素を融合させます。このアプローチにより、予期せぬ魅力的な楽曲が生まれ、リスナーに新鮮な体験を提供できます。このように、BPMをジャンルの境界を超えて応用することで、音楽の可能性を広げることができます。


リズムとメロディの相互作用


BPMの選定は、楽曲のリズムだけでなく、メロディにも影響を与えます。適切なBPMの下でメロディを構築することで、リズムとメロディが互いに補完し合い、楽曲の全体的な調和を生み出します。僕は制作する際に、メロディラインを先に考え、それに合わせて最適なBPMを選定することがよくあります。この方法により、メロディとリズムが一体となったコヒーレントな楽曲を作ることができるのです。


実践的なBPMの調整


実際の音楽制作において、BPMは静的なものではなく、楽曲の構成や展開に応じて動的に調整されるべきものです。例えば、楽曲のクライマックスに向けて徐々にBPMを上げることで、リスナーの期待感を高め、感動的なフィナーレにつなげることができます。僕は、このようなテクニックを用いることで、楽曲のドラマチックな展開を実現しています。

音楽制作におけるBPMの選定と応用は、クリエイティブな表現の幅を広げるための強力なツールです。次のセクションでは、これまでの内容を踏まえ、よくある質問に答えつつ、まとめと感想を述べていきたいと思います。



よくある質問と答え


Q1: 音楽制作初心者の場合、どのようにしてBPMを選ぶべきですか?

A1: 音楽制作の初心者の方は、まずは自分が作りたいと思うジャンルの典型的なBPMの範囲を調べてみると良いでしょう。例えば、ラップなら75から100、EDMなら120から150、ローファイなら60から90の範囲が一般的です。その上で、いくつかのBPMを試し、自分の楽曲に最適なテンポを見つける実験を繰り返してください。


Q2: BPMを変更すると、楽曲の感情表現にどのような影響がありますか?

A2: BPMを変更すると、楽曲のエネルギーレベルやムードが変わります。速いBPMは一般に活動的で前向きな感情を高め、遅いBPMは落ち着いた、感傷的または内省的な雰囲気を生み出します。楽曲に込めたい感情やメッセージに合わせてBPMを選定することが重要です。


Q3: BPM選定において、どのようなツールが役立ちますか?


A3: BPM選定や調整には、DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)が非常に便利です。Studio OneやCubaseなどのソフトウェアには、BPMを簡単に設定し、変更する機能が備わっており、楽曲制作のプロセスを大きく効率化します。また、BPMカウンターなどのアプリも、ライブ演奏や既存のトラックからBPMを測定するのに役立ちます。


Q4: 異なるジャンルの要素を組み合わせる際、BPMはどのように考慮すべきですか?


A4: 異なるジャンルの要素を組み合わせる際には、それぞれのジャンルが持つBPMの特性を理解し、どの要素を前面に出したいかに応じてBPMを選定することが大切です。例えば、ラップのリリックにEDMのエネルギーを取り入れたい場合、ラップのBPM範囲内で動きがありつつも、EDM的なビートを加えることで、両ジャンルの魅力を生かした楽曲を作ることができます。


Q5: BPMの微調整が難しい時はどうすれば良いですか?


A5: BPMの微調整が難しい場合は、まずは楽曲の基本的な構造やメロディに注目してみてください。リズムやメロディラインがBPMに合っているかどうかを確認し、必要に応じて微妙な変更を加えてみましょう。また、他のアーティストの楽曲や、同じジャンルの曲を参考にして、そのBPMと自分の楽曲を比較するのも良い方法です。


まとめと感想


音楽制作の世界では、BPMの選定は楽曲の骨格を形成する基本的かつ重要な要素です。この記事を通して、ラップ、EDM、ローファイなど、異なる音楽ジャンルにおける最適なBPMの選び方から、音楽制作現場でのBPM選定のコツやテクニック、実践的な応用方法までを深掘りしてきました。僕の経験を基に、BPMが楽曲に与える影響とその重要性をお伝えしようと試みました。


音楽制作は、無限の可能性を秘めた創造的なプロセスです。BPMを選定する際には、単に数値を選ぶ以上のことが求められます。それは、楽曲を通じて伝えたいメッセージや感情、リスナーに提供したい体験を深く理解し、それを表現するための最適なテンポを見つけ出すことです。このプロセスは、時には試行錯誤を要しますが、そのすべてがクリエイティブな営みを豊かにし、より感動的で心に響く楽曲を生み出すためのものです。


僕自身、海辺ビートとしても、STAND WAVEの一員としても、音楽制作は常に新たな発見と学びの連続です。BPMの選定一つをとっても、その奥深さと可能性にはいつも新鮮な驚きがあります。この記事が、音楽制作に興味を持つ方々や、すでに音楽の道を歩んでいる方々にとって、少しでも参考になり、新たなインスピレーションを与えることができれば幸いです。


音楽は、作り手と聴き手をつなぐ素晴らしいアートです。BPMの選定を通じて、それぞれの楽曲が持つユニークなストーリーを紡ぎ出し、多くの人々に感動を届けられることを願っています。音楽制作の旅は、挑戦と発見に満ちていますが、そのすべてが僕たちを成長させ、より豊かな音楽世界を創造していきます。


-------------------------------

【トラック・ビート販売】海辺ビート:ミュージックストア


【海辺ビート Umibe Beat:紹介】


【高音質・低価格】で「音楽に希望を」


「海辺ビート」は、メジャーアーティストであり、プロの作詞・作曲・編曲家の可児波起(from:STAND WAVE)が立ち上げた「ミュージックストア」です。

「希望」を持つことが難しい時代において、「音楽」が夢になり目標になり【希望】になって欲しいと願い、どんな人にでも「高音質」な音源を「低価格」でご提供することをミッションとしています。


25年以上のキャリアを持つ音楽家として、最新のDAW・プラグイン・ビンテージ機器を駆使して、USの最新チャートと同レベルのトラック・ビート・BGMを制作しています。


ぜひ、これらの音源を使って「新しい希望の音楽」を産み出して頂けることを願っています!


【海辺ビート】ミュージックストア

-------------------------------

Kommentare


bottom of page